インスタグラム

こんにちは、ここに探しているものを入力してください

アルバニア

ロシアンルーレット:デイトン合意は民族浄化を正当化したのでしょうか、それともモスクワはハンガリーを通じてNATOを解体するのでしょうか?

ロシアンルーレット:デイトン合意は民族浄化を正当化したのか、それともモスクワはハンガリーを通じてNATOを解体するのかaaa jeszenszky scaled
(出典:BALK)
Albanian  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t sqArabic  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t arBelarusian  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t beBosnian  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t bsBulgarian  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t bgChinese (Simplified)  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t zh CNChinese (Traditional)  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t zh TWCroatian  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t hrCzech  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t csDutch  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t nlEnglish  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t enFinnish  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t fiFrench  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t frGerman  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t deGreek  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t elHebrew  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t iwHungarian  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t huItalian  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t itJapanese  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t jaKorean  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t koMacedonian  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t mkPolish  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t plPortuguese  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t ptRomanian  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t roRussian  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t ruSerbian  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t srSlovak  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t skSlovenian  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t slSpanish  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t esSwedish  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t svTurkish  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t trUkrainian  OROSZ RULETT: Legitimálta-e a daytoni szerződés az etnikai tisztogatást, avagy Moszkva Magyarországon keresztül bomlasztja a NATO-t uk

読書の時間: 11

ボスニアでXNUMX人が逮捕されましたビイェリナでの虐殺に参加した人。 当時、クロアチアではすでに戦争があり、ボスニアはその方向に進んでいました。 1994年にサラエボを訪れた元外相のGézaJeszenszkyは、当時ボスニアで起こったことは民族浄化ではなく民族殺害であったとBALKに語った。

民族殺人

インタビューの冒頭で、1990年から1994年の間にポストを務めた元ハンガリー外相は、当時の誰もがプロセスの一環としてバルカン半島の変革が「はるかに平和で繁栄する」ことを期待していると述べた。体制が変わるそれは共産主義の独裁政権の崩壊後に東ヨーロッパで起こった。

もちろん、ユーゴスラビアの未来を見た人は誰もいないとイェゼンスキーは言ったが、1990年には、この事実上の人工国家が爆発したり崩壊したりするだろうと思った人はほとんどいなかった。

歴史家として、私は言語の類似性やアイデンティティにもかかわらず、セルビア人、クロアチア人、イスラム教徒のボスニア人を隔てていた宗教的および文化的な違いが、ティトシステム、ましてや王室のユーゴスラビアによって破壊されないことをよく知っていました。 私はクロアチアで初めて起こった、そこでのハンガリー人に深刻な影響を与えた戦争に大いに同情しました、そしてこれが一時的に終結したとき、特にハンガリー人の話を聞いて、当時のヨーロッパ共同体は独立した加盟共和国を認めました、ボスニア戦争。 当時のアントール政府はまた、すべてのコミュニティが自由、自分たちの生活、そして自己決定の権利を持つべきであると海外で述べました。 個人的には、ボスニアのハリス・シライジッチ外相と非常に良好で個人的な関係があり、彼が世界で行った努力に感心したと言えます。彼はそこで起こった恐怖に非常に効果的なスピーチで注目を集めました。 、世界の婉曲表現にとって、民族の浄化は、実際には虐殺であり、虐殺に近いプロセスであり、実際には

当時のハンガリー外交部長は、「ハンガリーは戦争を終わらせることに最大限賛成していた」と述べ、それが唯一の方法であるとジェゼネスキーは述べた。

これは力によってのみ発生する可能性があり、ベオグラードに支援されたボスニアのセルビア人は明らかに侵略者でした。 そして、1995年にこの殺害が終わったことを嬉しく思い、デイトン条約が自己決定に基づく解決策をもたらすことを望んでいました。 ボスニア・ヘルツェゴビナの非常に複雑な民族的状況は、都市に住んでいたイスラム教徒のコミュニティの一部の清算によって強制的に変更されたことを認識しています。 この状況は終わったわけではなく、そこにいる人々と私たちの隣人、そしてヨーロッパ全体の利益のために、それが永続的な平和がある方法でどのように終わることができるかを想像することは非常に困難です。ボスニアとヘルツェゴビナ、そしてバルカン全体が平和の半島となり、遅かれ早かれ欧州連合に加盟することになる。これにより、第一次世界大戦後の国境を越えることが非常に困難になり、第二次世界大戦後の共産主義体制は、欧州連合内で起こったように、それらを消滅させてください。これは、ボスニアとヘルツェゴビナ全体の解決策となるでしょう。

デイトンは民族浄化の結果を正当化しましたか?

出てきたので デイトン合意 -ボスニア・ヘルツェゴビナの場合、それについて話し合う必要があります-私は前外相に、この合意が民族浄化の結果をどれだけ正当化したかを尋ねました。

彼は注意した。 残念ながら、殺された人々は復活することができず、追放された人々は戻ることができません。これはバルカン半島とそれ以降で見られます。 1918世紀を見ると、トリアノンの後、1945万人のハンガリー人が近隣諸国から追放されたことがわかります。これは、民族浄化とも呼ばれます。民族構成と共存を変えたのは、スレブレニツァまたはゴラジュデでの虐殺でした。 、サラエボ内でも何世紀にもわたって存在してきました。 ですから、最初の段階は、誰もが逃げ出し、自分たちのグループ、民族、宗教しかない環境に行くことです。虐殺でセルビア人の民兵に殺された人たちもいます。 しかし悲しいことに、第一次世界大戦前に存在していた民族構成は、バルカン人や、ハンガリーの民族性が絶えず衰退しているカルパチア盆地では回復しないと言わざるを得ません。 XNUMX年以前、そしてXNUMX年にさえ、ハンガリー人の多数派が明らかに存在し、ハンガリー人は、彼らが存在する場所では、少数派のままでした。

彼はもっと早く介入すべきだった

ハンガリーの元外相は、BALKと話して、戦争勃発後のボスニア・ヘルツェゴビナでの出来事だけでなく、情報の不足も常に監視していると述べた。

私は綿密にフォローしました:ボスニア・ヘルツェゴビナの独立を宣言する国民投票があり、そこでのセルビア人はそれを受け入れたくありませんでした、そして以前のクロアチアのように、内戦はボスニアとヘルツェゴビナで完全に公然と支持されましたミロシェビッチのリーダーシップは、武器だけでなく、個人(人々)も含めて、国際社会がこれに抗議することは完全に正当化された理由であり、残念ながら、これを終わらせることしかできないことに気付くのに非常に長い時間がかかりました武装した外部介入による。

-ボスニアの元外相ハリス・シライジッチ氏が先ほど述べたように、米国とは良好な関係を築いていることを私が思い出させたジェスゼンスキー氏は語った。 問題は、当時の米国大統領ビル・クリントンが彼の回想録に彼が遅れて反応したことを述べた後、シラジジッチが他に何ができたのかということでした。これはもちろん遅れたアメリカの反応を意味しました。

彼はそれ以上のことはできなかった。 また、これを達成するためのいくつかの審議にも参加しました。 残念ながら、ベオグラードは細かい言葉を聞いていなかったので、92と93から不平等な闘争を終わらせなければならないことが明らかでした。したがって、助けが必要なのは主にイスラム教徒のボスニア人ですが、これは多くのボスニアクロアチア人にも影響を及ぼしました。 。 それはもっと早く介入されるべきだった、それは確かだ。 実際、世界の目の前の平和な市場に爆弾が投下されたときにセルビア人が介入し、それが発砲され、快適なアメリカの家の誰もがそこで起こっていることを見ると、人々は空中に飛びました。 世論では そうすることで米国を支援する意欲。 歴史家として、第二次世界大戦でのセルビアのパルチザンのナチス軍への深刻な反対についての介入の前に多くのことを聞きましたが、私もクロアチアでの戦いに基づいて考えました、そして私は介入が今だと思うと言いましたそれは、クロアチアでもボスニアでも、真のパルチザンの抵抗を発展させるためのセルビアの侵略に対する大衆の支持がなかったためであり、これは、(セルビア人が)世界の軍事行動に直面したとき、この戦争がついに終結したためであることが証明されました。 デイトン条約は最終的に、誠意を持って実施された場合、永続的な平和を生み出す可能性のある枠組みを作成しました。 私が見ているように、彼らはそれを変えるためにセルビア側でそれを蹴り上げようとしています。

攻撃性は時間内に取り組む必要があります

インタビューはいつでもいろいろな方向に向けることができますが、今回はボスニアで起こっていた世界を真剣に受け止めなければならないのか、今は真剣に受け止めるべきかということに興味があります。

さて、お元気ですか! 私は大学の講義で和解政策の非効率性と悲劇的な結果に常に注意を向けてきました、そして和解はミロシェビッチの政策に反しないことを見てきました、それで私は侵略が時間内に立ち向かわなければならないと言うことができます、さもなければ状況は悪化するだけなので、そうだと思います。 公正な解決策があります、大まかにこれはデイトンです、それは考えることができます。 ボスニアのセルビア人のかなりの割合、おそらく大多数はセルビアへの参加を支持しているようであり、ドディクは確かにそれを代表しています。 国際政治が何らかの理論に基づいていれば、バルカン半島の境界線を再描画することも考えられますが、実際には、1919年から1920年にかけて、カルパチア盆地のすべての人に受け入れられる公正な境界線を描画することができませんでした。残念ながら、ボスニアではどちらも不可能です。

GézaJeszenszkyはここで少し回り道をしましたが、それから彼はそれにのみ興味があるボスニアに戻り、XNUMXつの段落にジャンプします!

たとえば、コソボの場合は次のとおりです。コソボの主権を受け入れたくないセルビアのマイノリティがあり、セルビアにはさらに少数のアルバニアのマイノリティがいます。 XNUMXつの領域 それを交換するのは合理的でしょうしかし、すべての外部勢力は、これが連鎖反応を引き起こし、戦争が新たな戦争を引き起こすことを恐れています。 したがって、実際には、連邦ではなく連邦ですが、ハンガリーとその近隣諸国の場合のように、欧州連合が解決策になる可能性があります。 これらの民族的変化の結果として、政治的または軍事的現実は言うまでもなく、ハンガリーの国境を変えるべきであるが、ハンガリーの少数派の数を減らすべきではなく、ハンガリーの碑文をルーマニアで削除すべきであるという現実はありません。 、ハンガリーのシンボルの使用は許可されていません。これは、スロバキアの二重市民権の場合です。 中央ヨーロッパでもハンガリーとその近隣諸国の間でこの問題について平和はありませんが、最終的には、欧州連合は国境の消滅と地域全体の統合に対する解決策を提供しています。西ヨーロッパ。ドイツ語を話す南チロル人がイタリアで持っている自治が解決策であるため、チロルはハンガリー人だけでなく世界にとっても非常に前向きな例になるはずですが、それはそのような分離ではありません。互いに接触しないように、壁があり、パスポートさえ必要であり、国境を管理しますが、国境が見えないようにします。

GézaJeszenkszkyは明らかにこれについて正しいです、これらの破裂した/追放された人々がすべての訴訟で来るということだけです-そして今誰もこれを悪い名前でとるべきではありません-その愛はXNUMX人を必要とします-そしてバルカンの人々は無駄にノックしますお互いの穴、フェンスのスラットの間、または他のギャップ-彼らが彼らに門を開けたくない場合、彼らが彼らを入れたくない場合。 それ以来、これはすべて理論と仮定のままであり、バルカン半島の私たちの友人はそこでお互いの髪を引き裂くか、その門の前で喉を食いしばりますが、これについてはBALKで何度も話しました。 バルカン半島で起こっていることはヨーロッパの責任でもあり、ヨーロッパがそれを理解したくないということだけを知っていますが、XNUMX年かXNUMX年で泣くには遅すぎるでしょう。 この少し回り道をした後、インタビューにはまだ驚きがあるので、ボスニアに戻りましょう。

ボスニア・ヘルツェゴビナのセルビア人はセルビアと直接国境を接するブロックに住んでおらず、イスラム教徒の領土全体を囲んでいるため、ボスニアは国境で実際に分割することはできないため、ボスニアでもこの解決策がわかります。強化されることはありませんが、もちろんお互いを尊重することによって境界を打ち破るべきです。彼らは平和と友情の中で生きています。

内側からの分解と母乳

バルカン半島についてすべてを知っていると思うとき、そして実際にはすべてが非常に単純であると、ひねりが来ます。スピンドールの医者は私たちが退屈しないようにします。 次の質問は、ベオグラードとボスニアのセルビア人の関係に関するものです。既存のすべてのチャネルで平和に荒れ狂っているベオグラードとは何ですか? もちろん、これは乳管にも当てはまり、現在生まれているセルビアの子供たちはすでに母乳で育てています。 そう思いますが、GézaJeszenszkyはそれについて何と言いましたか?

ここでは、ベオグラードだけでなく、モスクワももっと見る必要があります。 いずれにせよ、モスクワは努力していると思います。今日、ロシア連邦は努力しています。NATO拡大が行われると、ハンガリーを通じてNATOを崩壊させ、バルカン半島での影響力を強化することで、これを相殺します。それで、それが好きで、それを元に戻してください、そしてそのためにあなたはセルビア、適切な領域で適切な主題を見つけるでしょう。 ブルガリアはNATO加盟とEU加盟にコミットしているようで、まだボールを蹴ることはできません。マケドニア北部ではまだそうしようとしています。モンテネグロでは失敗しましたが、明らかに諦めていません。ベオグラードは明らかにベオグラードからのボスニアのセルビア人を奨励し、ベオグラードはモスクワによって奨励されているので、この危機がすぐに解決されることを想像するのは非常に簡単ではありません。 もしも ロシア ベオグラードを奨励することをやめ、欧州連合が条件を主張し、セルビアの政策がこれに注意を払うならば、ベオグラードも欧州統合の長期的な将来を見ているという事実を利用することができます。平和の半島。

特に前外相がXNUMX度目のターンを使用したので、それは良い結末だったかもしれないが、これまでのインタビューを読んだ人は誰でもスラッシュポイントに値する。 突然、モスクワはボスニアのセルビア人に指示するためにベオグラードだけに頼りたくないかもしれないという考えが浮かびました。そのため、ウラジーミル・プーチンは最近、ボスニアのセルビア人の「小さなリーダー」であるミロラド・ドディクを受け取りました。ボスニア。

私はこれをかなり強く想定しています。 モスクワとベオグラードの場合、 ロシア セルビアは緊密に協力しているので、これは特に重要ではありません。 ドディクは自​​分自身を「準独立国」の政府の長と見なしており、彼がもはや政府の長ではなくなったときにセルビアに統合したいと考えています。いずれにせよ、ボスニアの統一は間違いなく脅かされています。弱体化。 確かに ロシア セルビアの場合、変更が可能であり、政府の変更が可能であり、モスクワはベオグラードでの強力な基盤を持つことによってその影響を保証または確保したいと思うかもしれないので、ボスニアのセルビア人を直接その影響下に置くことを試みる準備ができていますボスニアも;、親ロシアの政策主体。 重要なのは、この再出現した冷戦が終結または終結した場合、 ロシア そして、西側諸国との関係は変化するだろう-私は常にロシアがヨーロッパ統合の場所を持っていると想像していた、そしてXNUMX年代の初めにそれは遅かれ早かれそれさえ示唆された ロシア それもNATOの加盟国であるはずですが、それは別の政策であり、残念ながら敗北しましたが、これはロシア人にとって最も望ましい未来だと思います。 欧州連合にはそれを行うスキルがあります。実際、プーチンへの譲歩が多すぎる準備ができているように見えることもあります。


毎日のニュースレターにサインアップしてください!

ロシアンルーレット:デイトン合意は民族浄化を正当化したのでしょうか、それともモスクワはハンガリーを通じてNATOを解体するのでしょうか?

天気

Facebookの追跡


Googleセレクション