インスタグラム

こんにちは、ここに探しているものを入力してください

ボスニア

罠の状況:ボスニアの政党が新しい選挙制度を望まない場合、アメリカは無駄に調停します

ボスニアの罠の状況:ボスニアの政党が新しい選挙制度を望まない場合、アメリカは無駄に調停しますacdc csevap pljeszkavica
バルカンフレーバー:菜食主義者やガウターは、大きな弧を描いてボスニアを避けるべきです! (写真提供:Twitter)
Albanian bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert sqArabic bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert arBelarusian bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert beBosnian bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert bsBulgarian bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert bgChinese (Simplified) bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert zh CNChinese (Traditional) bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert zh TWCroatian bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert hrCzech bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert csDutch bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert nlEnglish bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert enFinnish bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert fiFrench bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert frGerman bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert deGreek bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert elHebrew bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert iwHungarian bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert huItalian bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert itJapanese bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert jaKorean bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert koMacedonian bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert mkPolish bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert plPortuguese bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert ptRomanian bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert roRussian bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert ruSerbian bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert srSlovak bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert skSlovenian bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert slSpanish bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert esSwedish bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert svTurkish bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert trUkrainian bosznia CSAPDAHELYZET: Hiába közvetít Amerika, ha a boszniai pártok nem akarnak új választási rendszert uk

読書の時間: 7

欧州連合は2021年の国別報告書で、ボスニア・ヘルツェゴビナが欧州人権条約を遵守しなかったことを非難しました。これは候補者の地位の障害となっています。 ボスニアの政治エリートは2017年以来選挙制度の改革を試みてきましたが、内部の矛盾と外部の干渉からの圧力がこれまでのところ改革を妨げてきました。 2021年の米国大統領交代後、米国外務省、EU、英国は、ボスニアの選挙法の改正を支持する決議を支持しました。 法案に関連する「権力管理」は、ボスニアの状況の「敏感な性質」によって正当化されます。 2021年春から続いている政治交渉のプロセスは成果を上げておらず、関係者はこれまでのところ合意に向けた一歩を踏み出すことができていません。 現在の状況では、米国はアフガニスタンでの混合事件の後、かなり危険な最前線で別の外交政策の罠に陥ったようです。

デイトンとボスニア諸国

2009年12月、欧州人権裁判所は、Sejdić-Finci事件でボスニアヘルツェゴビナを有罪としました。 申請者は、デイトン条約の一部として採択されたボスニア憲法の下で、上院議員(Dom Naroda)とXNUMX人の州大統領(PredsjedništvoBiH)のみがボスニア、クロアチア、セルビアの国籍、他の民族グループを除く。サークルから。 国籍に基づく投票権の制限は、欧州人権条約第XNUMX条に違反して差別的であったため、裁判所はこの請願を支持しました。

しかし、それ以来、選挙制度の改革を求める法律の改正は行われていない。 これは、ボスニアの政治エリートがコンクリートの塊を停滞した水に投げ込むことを望まなかったという事実によって説明することができます。国家。 裁判所の決定は、EU加盟に向けてのボスニアの政治家のための低木低木で覆い隠され、人権条約の締約国である州とそれに準拠する憲法制度のみが含まれていました。

したがって、ボスニアの政治家は、選挙改革を実行し、EUへの加盟の見通しを維持するために交渉の席に座るしかない。

欧州人権裁判所の判決に加えて、選挙制度から「国籍の原則」を無視することは、その現在の適用が民族的分裂を深めるだけであり、したがってヤヌスに社会的影響を与えるという認識によって正当化されるでしょう。

1995年の平和条約が採択されたとき、ボスニア憲法秩序の主な目標は、ここに住む人々の間に平和共存を生み出すことでした。 これを確実にするために、デイトンシステムは13つの国民国家間の政治力のバランスを作り出すことに細心の注意を払いました。 その結果、総人口の約30%を占めるクロアチア国籍のメンバーは、人口の53%を占めるセルビア人と同じ政治機関の重みを持っています。 XNUMX%のボスニア人。 国籍主義の支持者の基本的な議論は、国家の内部の平和と統一は、XNUMXつの国家形成国の等しい政治力の重みに基づいているということです。したがって、このバランスを崩すと、個々の国籍間の競争につながる可能性があります。

対照的に、国籍の原則の批評家は普通選挙権の導入を主張している。

誰もがアイデアを持っています

スルプスカ共和国で活動する当事者は、セルビアの実体の独立を制限しない修正のみを受け入れます。 ミロラド・ドディク、ボスニア・ヘルツェゴビナのセルビア大統領は以前、「国の平和的分離」につながる可能性のある、実体の独立を制限するための措置を講じていることを明らかにしました。

ボスニアの罠の状況:ボスニアの政党が新しい選挙制度を望まない場合、アメリカは無駄に調停します3つの実体

写真で青色でマークされた領域は、クロアチアのXNUMX番目の多数派エンティティを表します。 緑はボスニアの実体であり、オレンジはまだ別の実体を形成しているスルプスカ共和国を示します。 今日、緑と青で一緒にマークされたエリアは、エンティティとして「ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦」を形成しています


多数のボスニア人を集めた民主行動党(SDA)の議長であるバキル・イゼトベゴビッチが影響力を求める声明に加わった。

状況を複雑にするために、ボスニア・ヘルツェゴビナのクロアチア民主同盟(HDZ-BiH)の大統領であるドラガン・チョヴィッチは、クロアチア国民の政治的権利を保証するために、XNUMX番目の「クロアチアの実体」の創設を促した。

チョビッチの主張を理解するには、現在のシステムでは、ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦の領土からXNUMX人の大統領にXNUMX人(ボスニア人XNUMX人とクロアチア人XNUMX人)が選出されることを知っておくことが重要です。 しかし、前回の選挙では、過去数年間に民族の比率が変化し、HDZ-BiHの人気が低下し、 一部のボスニア人の「再投票」のため Čovićは、セルビアのルーツを持つŽeljkoKomšićによって母方の枝から奪われ、Čovićのordasの悔しさへの「クロアチアの割り当て」を獲得しました。

要するに:右翼のボスニアの政党と彼ら自身の利益のためのすべてのセルビアの政党 サポートしていません 投票権の一般的権利の拡大。これは、前年度に確立された内部バランスの混乱につながるため、クロアチアの第三機関の計画は、特にクロアチア側でオープンな支持を享受します。

物語の中のアメリカの主人公の一人は、マシュー・パーマーの外交官です。彼は、彼の政治小説のタイトルの後に、十分な皮肉を持った首都の住民によって「サラエボの狼」とだけ呼ばれています。

米国国務省の従業員として、パーマーはバルカン半島の人々の平和共存のために25年間働いてきました、そして彼のコミットメントは彼がまだ退屈していないということです!

ボスニアの罠の状況:ボスニアの政党が新しい選挙制度51cM4tCVZPLを望まない場合、アメリカは無駄に調停します

アマゾンポットは18ドルで無駄になっています

2018年から2021年まで、彼は米国国務省の西バルカン半島特別代表を務めました。 2021年18月XNUMX日、彼は国務省からボスニアの選挙改革委員に任命されました。

サラエボでのパーマーの旅行は、地元の政治アナリストと地元メディアのチームによって長年監視されてきました。 彼は今年これまでにボスニアの首都をXNUMX回訪問しました。 彼は選挙法改正をめぐる政治的停滞を解決する目的で到着するたびに、彼の出発後、交渉は何度も行き詰まりました。

2021年30月XNUMX日、パーマーはサラエボに到着し、ボスニアのXNUMXつの政党の指導者とEU対外行動局の局長であるアンジェリーナアイヒホルストとの別の一連の会談を行いました。 この場合の議論の目的は、新しい選挙法の概念を作成することでもありました。

砂利みたい

2月XNUMX日まで続く調停の「有効性」は、ボスニア・ヘルツェゴビナの次期大統領であるジェリコ・コムシッチの絶望的な声明に反映されています。 米国の見解は、投票数に基づいて国籍の割り当てなしに州大統領のメンバーを選出する選挙法が可決されるべきであるというものです。」

2月XNUMX日の会合後、緊張は緩和されたが、実質的な突破口はなかった。 同時に、ボスニアの中道右派人民法(Narod i Pravda、NiP)の議長であるElmedinKonakovićは、以前は激しく反対していた政党の見解が収束していると述べたため、XNUMX党は草案作成に向けて実質的な一歩を踏み出しました。最終草案。 コナコビッチは草案について非常に多くの具体的な発言をしただけであり、国家元首の間接選挙、すなわち立法府の代表者による間接選挙はすべての政党に受け入れられることが証明された。

Socijaldemokratska Partija(SDP)の議長であるNerminNikšićは、間接選挙法を支持することは、それがまだ論争の解決策であった夏の真ん中に調停が戻ったことを意味すると強調した。 彼の見解では、選挙の完全性を保証するための条件の作成と、有権者と電子投票を特定するためのシステムの両方について完全な合意があれば、実質的な進展が見られます。

セルビア連合(Ujedinjena Srpska)党の議長であるNenadStevandićは、間接選挙は受け入れ可能であり、セルビア大統領のメンバーは直接選出され、他のXNUMX人のメンバーは間接選挙で選出されると述べた。

上記のニクシッチは、これに応じて意見の相違を表明し、大統領のメンバーはXNUMXつの組織で非対称的に選出されると主張した。

私たちの「進歩的な左翼」私たちの党(NašaStranka)の代表であるDamir Arnautは、クロアチアのHDZBiHやボスニアのSDAなどの民族組織の党はクリーンで透明な選挙制度の構築に関心がないと主張するために批判的な口調を使用しました。民族差別を引用します。改革に対するモデル。

上記の発言については、草案の詳細が明らかにされておらず、待望の国民統一が党首の間で「頭を悩ませていない」ことも示している。

党の大統領職の性質は、ボスニアのpljesavaの作成にかなり類似しています。 それぞれに関して、それぞれの国が独自の秘密のレシピ、独自の国家の伝統を持っていると考えるだけで十分です。 関係者全員がこれらのバリエーションに固執し、少なくとも部分的に相手の立場を採用する実質的な意欲を示していません。

この状況は、正式な立法プロセスと並行して、ビイェリナの教皇の知恵によって解明することができない政治的背景交渉が多数行われているという事実によってさらに複雑になっています。 したがって、選挙改革に関する知識を体系化する際に、pljeszkavicaの構成要素のトレーサビリティと同様の状況に再び直面します。

最終的にこれから何が出てくるか想像できます!


毎日のニュースレターにサインアップしてください!

ボスニアの罠の状況:ボスニアの政党が新しい選挙制度を望まない場合、アメリカが調停することは無駄です

天気

Facebookの追跡


Googleセレクション