インスタグラム

こんにちは、ここに探しているものを入力してください

アルバニア

バルカン半島のアフガニスタン:ビーチホテルから閉鎖されたキャンプまで、または「休暇から捕われの身へ」

アフガニスタンアフガニスタン:沿岸のホテルから閉鎖されたキャンプまで、または「休暇から捕われの身へ」1アフガニスタン系アメリカ人
Albanian afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” sqArabic afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” arBelarusian afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” beBosnian afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” bsBulgarian afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” bgChinese (Simplified) afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” zh CNChinese (Traditional) afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” zh TWCroatian afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” hrCzech afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” csDutch afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” nlEnglish afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” enFinnish afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” fiFrench afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” frGerman afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” deGreek afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” elHebrew afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” iwHungarian afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” huItalian afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” itJapanese afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” jaKorean afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” koMacedonian afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” mkPolish afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” plPortuguese afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” ptRomanian afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” roRussian afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” ruSerbian afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” srSlovak afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” skSlovenian afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” slSpanish afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” esSwedish afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” svTurkish afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” trUkrainian afgán BALKÁNI AFGÁNOK: A tengerparti szállodáktól a zárt táborokig, avagy “a nyaralástól a fogságig” uk

読書の時間: 5

27月121日の朝、XNUMX人の難民、女性、男性、子供からなる最初のグループがアフガニスタンからアルバニアに到着しました。 これにより、入学手続きが開始されました。 アルバニアは米国の要請で合意した約4人のアフガニスタン人に避難所を提供します。 ただし、ゲストという用語は必ずしもアフガニスタン難民の地位に対応しているわけではありませんが、アルバニアはアフガニスタン難民を「受け入れている」国のXNUMXつにすぎません。

アメリカとイスラエルの違いは何ですか?

アルバニア駐在の米国大使は、アルバニアの人々が「いつものように」、困っている人々に再びおもてなしと保護を提供していると言います。 地元メディアと話して、ユリ・キムは、アルバニアが迫害された数え切れないほどの時間をすでに保護していることを強調しました:そのおもてなしは世界に知られています。

アルバニアの場合、「良い外交報酬」にはいくつかの根拠、XXがあります。 XNUMX世紀初頭、アルバニア人はトルコで迫害されたベクタシュ教団を収容し、ユダヤ人を救出して隠しました。コソボアルバニア人。

ティラナの指導部は現在、タリバンの命が危険にさらされている人々を一時的に認めるという米国政府からの要請に前向きに応えています。 両国間の合意に基づき、アフガニスタン人は米国に入国するための書類を受け取るまでアルバニアに留まります。これにはXNUMX年かかると予想されます。

イスラエルはまったく異なる行動をとり、「すべての官僚主義を回避」し、裁判官、ジャーナリスト、役員、科学者を含む167人のアフガニスタン人をアルバニアから密かに避難させました。 アルバニア人は、これらの人々がティラナ空港からイスラエルに離陸するまで、脇を見ることが期待されていました。

Az IsraAID 援助機関は、タリバンの乗っ取りの最初の月に、アルバニアを通じた125人のアフガニスタン人の避難とアラブ首長国連邦の42人のアフガニスタンの女性​​と少女の避難を調整した。 難民はカナダ、フランス、スイスに移住する予定です。

IsraAIDの局長であるYotamPolitze氏は、これは長く困難なプロセスですが、基盤が確立されており、難民が新しい生活を始めるために必要なすべてのものを手に入れることが目標であると述べました。

援助機関のウェブサイト 収集も始めました、お金はあまり流れていませんが、計画されている2万ドルのうち、20万ドルは今のところ集まっていません。

リゾートおよび/または難民キャンプ

アルバニア、コソボ、マケドニア北部で一時的に保護されていた数千人のアフガニスタン人の一部はアルバニアのリゾートに収容され、他の人は兵士によって管理されている孤立したキャンプに行き着きました。 バルカン半島でのアフガニスタン居住の問題は、バルカンXNUMXカ国で異なって扱われます。

アフガニスタン難民を乗せた最初の便がアルバニアに到着したとき、アルバニアのエディ・ラマ首相は、彼の国が彼らを難民キャンプに送らないと確信し、これを非人道的な方法と呼んだ。

アルバニアでは、最も基本的な消費財を扱う新規参入者向けに「ウェルカムパック」が作成されています。 バルカン諸国は、登録手続きが完了するまで、ティラナの「学生都市」キャンパスに最初の難民を配置しました。

後に到着したアフガニスタン人は、ホテルの施設に避難しました。 ドゥラス、レジャ、ベラトは、アフガニスタンへの扉を開いたXNUMXつの都市です。

アドリア海沿岸のアルバニアのリゾートに一時的に避難し、ホテルのプールでも他の宿泊客と自由に交流できるという、比較的幸運な人もいるようです。 男性はクリケット(アフガニスタン国技)をし、アルバニアに住むハンガリー人女性は女性と子供のための「アートセラピー」クラスを開催しています。

アルバニアのアフガニスタン難民への支援はウェルカムパックの準備で完了しておらず、医学的および心理的支援を提供する人道支援チームが現在利用可能です。

マケドニア北部のアフガニスタン人は同じように扱われ、アフガニスタンのようにあまり慣れていない海を除いたホテルに配置されており、たとえば東ヨーロッパ諸国と同様の休日の熱狂はありません。ジャガイモ畑の隣にはビーチはありませんでした。

マケドニア北部に到着した最初で最大の難民グループである約150人のアフガニスタン人が、首都スコピエの東部にあるベルビューリゾートホテルに定住しました。

「マケドニアのアフガン人」も活動家から多大な支援を受けています。 彼らには、救援パッケージ、医療および心理的支援、コンピューターとインターネットを備えたプレイルームと情報センター、そして主に赤十字の助けを借りて国と首都に関するパンフレットが提供されました。

これらの人々は主に、入国の承認を待っている米国ビザ申請者です。 彼らはNATOで働いていたか、家族と一緒にやってきた有名な国際NGOの従業員でした。

-北マケドニア政府のスポークスマンであるDuskoArsovskyは、北マケドニアの安全保障上のリスクが低いことを説明できると述べた。

それにもかかわらず、アルバニアと同様に、マケドニア北部当局は、特定の人の移動を必要とみなした場合に制限する権利を留保しています。

コソボの他のコーヒーハウス

海岸線や治療法がないコソボでは状況が異なります。 ほとんどのアフガニスタン人 孤立したキャンプに配置、メディアがそれらにアクセスできない場合、そして彼らの状況に関する情報が不足しているため、一部の人権団体は彼らの存在と彼らの基本的人権の尊重について懸念を表明している。

コソボ政府は、遠く離れた「ゲスト」に一時的な保護ステータスを付与しました。これにより、原則として、教育、医療、自由な移動などの明確な権利が与えられます。

アフガニスタン難民は、ベクテルとリヤのXNUMXつのキャンプに収容されており、XNUMXつはNATOの国際本部によって監督され、もうXNUMXつはボンドスティール軍事基地内の米軍によって監督されています。 彼らはコソボから帰国したばかりです それらのポルトガルの兵士、NGOの助けを借りて、810人のアフガニスタン難民を収容するために働いた。

キャンプの司令官は、故郷から強制送還されたアフガニスタン人の移動の自由について尋ねられ、安全上の懸念を理由に、「彼らは必要な場合にのみキャンプを離れることができる」と述べた。 コソボ赤十字は、難民の支援を求められていないと述べたが、地方自治体はUNHCRまたは国際移住機関に連絡していなかった。

現在のアプローチが変わらなければ、これらの人々は無期限に事実上拘留されていると言えます。これはコソボの法律や国際規則に反しています。

アフガニスタン難民の生活条件はアルバニア、コソボ、マケドニア北部で異なりますが、共通していることのXNUMXつは 彼らの身元は完全に検証されています米国の居住許可を待っている間。

米国国務省は最近、アフガニスタン難民は、テロ対策当局、法執行機関、および国土安全保障省によるXNUMX段階のセキュリティスクリーニングプロセスを経る必要があると発表しました。

米国当局は、バルカン半島のXNUMXか国にプロセスをスピードアップすることを保証し、関連する米国当局がすでにその場での検査を実施していることを確認しました。

アメリカ人は、現在一時的なケアを受けているすべての人が米国への入国を申請する資格があると言い、コソボ内務省はバルカン半島にいた54人のアフガニスタン難民が米国に向けて出発したと発表した。

しかし、検証プロセス中に拒否されたアフガニスタン人がどうなるかはまだ不明です。彼らは通過国で捕らえられるのでしょうか、それともスクリーニングプロセスを経なかったアフガニスタンに戻るのでしょうか。 「堕落した」アフガン人は現在、コソボの米軍基地にいます。


毎日のニュースレターにサインアップしてください!

バルカン半島のアフガニスタン:ビーチホテルから閉鎖されたキャンプまで、または「休暇から捕われの身へ」

天気

Facebookの追跡


Googleセレクション