インスタグラム

こんにちは、ここに探しているものを入力してください

ギリシャ

イランから組織:ギリシャはまだアフガニスタン人を受け入れていますが、誰を選ぶか、または女性を探します!

イランから組織:ギリシャはまだアフガニスタン人を受け入れていますが、誰を選ぶか、または女性を探します! Cu6jmHoXEAITjks
テッサロニキでは、エルピダホームの住民の服が夕方の太陽の下で乾いています。 この家はAmedKhanとFrankGiustaによって設立され、以下の記事で説明します。
Albanian  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! sqArabic  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! arBelarusian  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! beBosnian  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! bsBulgarian  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! bgChinese (Simplified)  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! zh CNChinese (Traditional)  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! zh TWCroatian  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! hrCzech  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! csDutch  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! nlEnglish  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! enFinnish  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! fiFrench  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! frGerman  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! deGreek  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! elHebrew  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! iwHungarian  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! huItalian  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! itJapanese  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! jaKorean  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! koMacedonian  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! mkPolish  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! plPortuguese  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! ptRomanian  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! roRussian  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! ruSerbian  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! srSlovak  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! skSlovenian  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! slSpanish  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! esSwedish  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! svTurkish  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! trUkrainian  IRÁNBÓL SZERVEZTÉK: Görögország mégis fogad be afgánokat, de megválogatja, hogy kiket – avagy keresd a nőt! uk

読書の時間: 4

APニュースポータルは、22月119日月曜日に、ギリシャがテッサロニキに着陸する飛行機に到着したXNUMX人のアフガニスタン難民を受け入れたと報じた。 このニュースは、ギリシャが不法移民を阻止するために国境で真剣な努力をしているという事実に照らして、特に珍しいものです。

トルコ人対。 ギリシャ人

国連によると、今年の4242月中旬までに、陸路で約3439人、海路でXNUMX人がギリシャの領土に入ることができました。これは前年に比べて少ない数です。

ただし、ギリシャは例外のように思われる場合もあるため、移民と移民には違いがあります。平等な人もいれば、移民が多い人もいます。

これは、難民申請が却下された場合にアナトリアに返還できるように、トルコをシリア、アフガニスタン、パキスタン、ソマリアの人々にとって安全な第三国として承認するという閣僚決定がXNUMX月初旬に行われたためにのみ興味深い。

問題は、両国間の協議にもかかわらず、トルコはこれについて質問されておらず、アンカラは昨年XNUMX月の難民危機以来、コロナウイルスの流行を理由に誰も再入院していないことです。

トルコの世論における反移民感情と国のますます厳しくなる経済状況(政府が急進的な行動をとらなければ、アンカラは通貨危機に向かってゆっくりと動いているように見える)を考えると、近い将来に大きな変化はありそうにない。

したがって、残っているのは、フェンスの建設、ギリシャの国境警備隊による厳しい行動、国境を越えようとする人々を阻止するための沿岸警備隊による頻繁なパトロール、そしてその間に約20万人のアフガニスタン難民の申請を処理することです。

女性を見つけよう!

同時に、ここ数ヶ月、国は、700月末までにアフガニスタン全体を支配していたタリバンが見栄えが良くなかったであろう立場で、約XNUMX人のアフガニスタン人、典型的には女性を受け入れた。

イランから組織:ギリシャはまだアフガニスタン人を受け入れていますが、誰を選ぶか、または女性を探します! アフメドカーン500x382
ギストラ:私の友人、カーン

私の友人のアメッド・カーンは、トルコのイズミル郊外にある非公式の難民キャンプにいます。 2016年XNUMX月にツイッターでフランク・ギストラは、基本的なニーズを提供することで、さらに多くのことがやってくると書いています。


報道によると、例外的な状況は、米国に住むイラン人の両親の子供として生まれたビジネス慈善家であるアメッド・カーンによるものです。 カーンは90年代にクリントンキャンペーンに参加し、その後タンザニアでの人道活動に関連する立場でしばらくの間政治を離れました。

慈善家は、アフガニスタンで最も危険にさらされている人々、特に女性をタリバンの前進から避難させようとしていると述べた。

間違いなく、イランと良好な関係を持っているカーンは、ギリシャへの高位のアフガニスタン人の旅行を組織しました-これは、カーンの優れたヨーロッパの関係だけでなく、米国、より具体的には明らかに失望した人々にジェスチャーをするイラン政府の意欲を示していますアメリカ人によって。彼らの撤退の時に。

カーンがインタビューで言ったように、ギリシャ人の欲望を勝ち取るのは予想よりも簡単だったので、キリアコス・ミコタキス首相の妻であるマレナ・グラボウスキーに手紙を書くだけで十分でした。 彼はすぐに青信号を与えられ、ギリシャの移民大臣とのアフガニスタン難民の受け入れについての会話が行われてから間もなくでした。

最初のグループ(6人のアフガニスタン国会議員とその家族、合計53人)がXNUMX月末に国に到着した。

イランの迂回路は利益を得ることができません

アフガニスタンの女性​​議員、裁判官、およびその家族をカブールから連れ出すことも容易ではありませんでしたが、イランのビザを取得するのに大いに役立ち、タリバンの国境管理はそれほど厳しくなかったので、頭からつま先まで包まれた女性は得ることができました使って。

その後、イランからギリシャに連れて行くだけでしたが、カーンのつながりは遠くまで届いているようです。

イランから組織:ギリシャはまだアフガニスタン人を受け入れていますが、誰を選ぶか、または女性を探します! 大きなギストラ500x332
ソーシャルキャピタル

マイニングプロジェクトに資金を提供するカナダのビジネスマンであるフランクギストラは、カナダ系アメリカ人の映画会社ライオンズゲートの創設者であり、国際危機グループのメンバーであるジョージソロスであり、ご覧のとおり、非常に親しい友人であるエルピダ難民に加わりました。元米国大統領ビル・クリントンの。 そして、ここで円が閉じます。


もちろん、カーンはギリシャで亡命について知り始めたばかりではありませんでした。 2015-16年の危機の間でさえ、彼はヨーロッパへの旅行で大勢の難民に会い、その光景に震えました。 彼は旅を続けることを決心したので、ついにレスボス島に到着し、そこで不幸な状況に遭遇しました。

難民を支援するために、彼は彼らが住宅を建てるのを手伝うことに決めたので、カーンはカナダの実業家フランク・ギストラと協力し、ギリシャ当局と共同でテッサロニキ近くの工場を難民のために移転することに同意しました。 彼はまた、2017年にアテネでこれらすべての賞を受賞しました。

Az エルピダホーム テッサロニキと呼ばれるテッサロニキNGOは、その後、住宅プログラムを超えて、テッサロニキの恵まれない人々や難民をさまざまな方法で支援するようになりました。

しかし、このように認められたアフガニスタン人はギリシャに留まりたくない-当局は当分の間彼らを送り返すことはないだろうが-彼らの最終的な目標は米国かカナダである。


毎日のニュースレターにサインアップしてください!

イランから組織:ギリシャはまだアフガニスタン人を受け入れていますが、誰を選ぶか、または女性を探します! バルカナック大

天気

Facebookの追跡


Googleセレクション