敵の隣人:イランとアフガニスタンの新しいタリバン指導部

Albanian irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban sqArabic irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban arArmenian irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban hyBelarusian irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban beBengali irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban bnBosnian irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban bsBulgarian irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban bgChinese (Simplified) irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban zh CNChinese (Traditional) irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban zh TWCroatian irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban hrCzech irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban csDanish irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban daDutch irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban nlEnglish irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban enEstonian irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban etFinnish irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban fiFrench irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban frGeorgian irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban kaGerman irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban deGreek irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban elHebrew irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban iwHungarian irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban huIcelandic irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban isIrish irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban gaItalian irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban itJapanese irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban jaKorean irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban koLatvian irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban lvLithuanian irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban ltMacedonian irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban mkMalay irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban msNorwegian irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban noPashto irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban psPersian irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban faPolish irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban plPortuguese irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban ptRomanian irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban roRussian irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban ruSerbian irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban srSlovak irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban skSlovenian irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban slSpanish irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban esSwedish irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban svTurkish irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban trUkrainian irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban ukWelsh irán ELLENSÉGBŐL JÓSZOMSZÉD: Irán és az új tálib vezetés Afganisztánban cy

読書の時間: 7

2021年24月2021日火曜日、タリバンの要請により、イランは現在の混沌とし​​た状況で中断されていたアフガニスタンへの燃料供給を再開した。近い将来の合同外務大臣会合。



アフガニスタンとイラン

イラン・イスラム共和国がタリバン運動を非常に実践的に扱い始めるまで、それは長い道のりを歩んできました。 イランはアフガニスタンと古い関係があり、私たちが思っているよりはるかに古いです。 今日のアフガニスタンはいわゆるアフガニスタンです。 ペルシア語の発祥地のXNUMXつが揺れ動き、イランの歴史における重要な古代の中世の人物が住んでいたペルソフォニックの世界の一部であり、現在では多くの小さなイラン語が話されていますが、イラン語の家族に属しています。

ゾロアスター教の預言者であるザラスシュトラは、現在のアフガニスタンに住んでいたと考えられています。 1000年頃ですが、アフガニスタンの領土(バルフ地域)から、ペルシャのスーフィーの最大の詩人であるルミも13世紀に生まれました。 今日のイラン(旧ペルシャ)は、アフガニスタンと東に950 km近く国境を接していますが、この形の国境は、1930年代まで正確に境界が定められていませんでした。 ヘラートやバルフ地域など、現在のアフガニスタンに属する地域は、ペルシャ・イランの歴史、文化、文学において重要な場所です。 そして、ヘラートとその周辺地域は、長い間ヘラートを所有していたペルシャがこれを認めることが非常に困難であると気付いた1885年までアフガニスタンの一部にはなりませんでした。 今日、「ヘラートとアフガニスタン」という用語がイランのマスコミで東の隣人を指すために使用され、ヘラートに対するイランの活発な関心を明確に指していることは珍しいことではありません。

さらに、アフガニスタンの人口の約半分(約38万人)がイランの州の言語のペルシア語の異形を話します(現在の行の作者がダリ語またはタジク語をペルシア語の方言または独立した言語と呼ぶと、両方の政治的感受性が侵害されます、中立の方が良いです。 'バリアント')。 ヘラティア人、タジク人、カブール人、ハザラ人はペルシア語の異形のネイティブスピーカーですが、多くはそれを第二言語としても話します、そしてそれでダリー語(カブールペルシア語)がアフガニスタンの公式言語のXNUMXつになったのは偶然ではありませんパシュトゥー語。

歴史的、言語的、文化的な密接な関係にもかかわらず、イランとアフガニスタンの人々の間の現在の関係はあまり良くありません。

摩擦はいくつかの理由にさかのぼることができます。一方で、ソビエト・アフガニスタン戦争の勃発後、1979年以降イランに逃亡したアフガニスタン難民が現在イランに住んでいるXNUMX万人近くがいます。 これらの大衆のほとんどは、極度の貧困から近代化されたイランにやってきた貧しい田舎のアフガニスタン人でした。 シャーの崩壊後、イラク・イラン戦争の苦痛に悩まされ、イラン東部に出現したアフガニスタンの大衆の統合は困難であり、イランのアフガニスタンはゲットー化されたままであり、ほとんどがイラン社会の周辺にある貧しい大衆である。 シーア派イランでは、ほとんどのスンニ派イランのアフガニスタン人が、テヘラン、ヤズド、マシュハドでカジュアルまたは違法な仕事から日常生活を送っており、イランでの平均的な生活水準を達成する見込みはありません。 しかし、それでも、彼は、XNUMX年近くで瓦礫になり、将来が不透明なアフガニスタンの田舎よりも、物理的および物質的な安全性が高いイランの方が安全だと感じています。






そのため、アフガニスタン人はイランにとどまり、そこで彼らの第XNUMX世代がゆっくりと生まれています。 同時に、イランはイランのアフガニスタン人の訓練に多くの時間を費やし、彼らのために多数の学校を設立し、イランのパスポートを取得することはできませんが、高校を卒業するまで無料でイランで勉強することができます。 同時に、大多数のイラン社会と時には軽蔑されているイランのアフガニスタン人との間に緊張と固定観念があることは否定できません。 (平均的なイランのアフガニスタンよりもわずかに良い立場は、民族的にモンゴル系でペルシア語を話すアフガニスタンのXNUMXシーア派イスラムハザーラ少数派です。彼らはイランを一種の祖国と見なしており、イランも同じ信仰のハザーラ人を強く支持しています。


タリバンとイラン

アフガニスタンからイランへのアフガニスタンの移住は、過去2012年間と同様に、米国の撤退に関係なく、制裁のためにすでに非常に長いアフガニスタン国境を最先端の軍事監視装置で守ることができないことによって悪化している。 イランのアフガン人の特定のグループは、XNUMX年以来、シリアで戦闘傭兵として登場しました。イランは、兵役期間と引き換えにイランのパスポートを受け取ることができるイランのアフガン人のXNUMX個連隊も設立しました。

イランとアフガニスタンの関係もアヘン問題の重荷を負っています。アフガニスタンが世界のアヘン生産の1970%を生産していることはよく知られています。戦時中、最も重要ではないにしても、農村部の最も重要な収入源のXNUMXつです。アフガニスタンの人口はアヘンの生産です。 イランの西隣国は、アフガニスタンのアヘン生産の目的地であり、通過国でもあります。アフガニスタンは、管理が難しいイラン-アフガニスタン-パキスタンの国境にある地元の麻薬密売組織に密輸されています。彼らの利益がそう望むなら、軍隊。 それ以外の場合、彼らは十分に証明された賄賂の手段に頼ります。 もちろん、イランはアフガニスタンの麻薬から抜け出す唯一の方法ではありません、他のルートがあります(中央アジア、パキスタン)。 近年、両国とも深刻な水不足に悩まされ始めており、ヘルマンド川の配水をめぐる両国間の政治的緊張が数年続いていることから、両国の関係はさらに悪化している。 両国はXNUMX年代にヘルマンドの水の分配について合意しましたが、淡水の供給が急激に減少したため、両国は現在、水の分配の概念を異なって解釈しています。

さらに、XNUMXつの州の関係には最近いくつかのポジティブな点があります。 たとえば、アフガニスタンはイランにとって非常に重要な資金源であり、最近まで、安価なイランの食品、燃料、軽工業製品が流入するためにイランの通貨を支払うことができました。 ここで、特にイランの燃料供給は、アフガニスタン市民によって比較的安い価格で購入されたアフガニスタンにとって大きな意味がありました。






タリバン運動とそのイランに対する認識に関しては、イラン国民はそれらをかなり否定している。

この理由は、タリバンがアフガニスタン北部のマザーリシャリフでイランの外交官と報道関係者を処刑した1998年2001月の最初のタリバンの支配に見られる。 これにほぼイラン-アフガニスタン戦争が続き、過激なスンニイスラム教徒、サウジアラビア、アルカイダとの関係を持つタリバンも、XNUMX年以前に、アフガニスタンのイランが支援するハザラの少数派の間で血まみれを繰り広げ、イランの嫌悪をさらに煽った。

さらに、タリバンの過激主義は、アフガニスタンよりもはるかに発達した現代の条件に住んでいるイランの人々の間で広範な憤慨を引き起こしました。

2001年以前、イランはいわゆる最も重要な反タリバンの軍事政治的形成であった北部同盟、および2001年にアルカイダによって暗殺された「パンジシール渓谷のライオン」であるアフマド・サー・マスードは、カセム・ソレンマンおよびイラン革命防衛隊と良好な関係を持っていた。 。 これらすべての理由から、イランは、控えめに言っても、2001年のタリバン支配のアフガニスタンに対する西側の攻撃に反対せず、戦争の開始時に米軍に重要な後方支援を提供した。 2001年以前のタリバンは明確で明白な反イラン政策を持っていたので、これは彼の政治的利益によって決定されたので、彼らの転覆はイランの利益になり、それによってアフガニスタンでの地位を強化することができました。







アメリカ人とイラン

その後、過去2001年間で、物事はより微妙になり始めました。 タリバンは最初の敗北以来アフガニスタンで回復することができ、XNUMX年以来、アフガニスタンの近隣での強力な米軍のプレゼンスによって、まだほとんど貧しい、または少なくともバラ色ではない米イラン関係の信頼指数はXNUMX年間強化されていません。年。 これはすべて、以前はイランを嫌っていたタリバンのイメージを、イランでかなりゆっくりと再評価した。 イランの政治軍事指導部は、連合国の分野で常に非常に実用的であり、敵の利益がそれを指示する場合、敵から良い友人を作ることができました。 これは、イランの観点からもタリバンの運命となっています。

近年、元々根本的に反シーア派のタリバンの単一の指導者がイランの武器や保護を受けたり、より長いまたはより短い期間シーア派に引き込まれたりしていないといういくつかの未確認の噂があり、長い間可能でしたイランとのコミュニケーション、そして異なるタリバングループ間のコミュニケーション。 「敵の敵は友だちの原則」の下で、イランとタリバンの共通の反米感情は協力のための戦略的プラットフォームであり、両党は2001年以前の悪い関係をほとんど覆い隠していた。

これらすべてを考慮すると、今年2021月にタリバーンの高官代表団がテヘランを訪問し、2001年XNUMX月のタリバーン侵攻後もイランがカブールの大使館を閉鎖しなかったことは驚くに値しません(ただし、一部の農村部は閉鎖しました)領事館)。 数日後、イランはアフガニスタンへの燃料供給を再開し、(ほとんど)アフガニスタンから逃げる兵士と国境警備隊を引き返した(その間、民間難民の予想される波のために新しい国境キャンプの建設を開始したと伝えられている)。 イランのスンニ派少数派イマームは、金曜日の祈りでタリバンの勝利を称賛しました。 そして、イランのマスコミはどういうわけかタリバンの過去の犯罪の回想を欠いており、アフガニスタンのまだ明確ではない未来について、一見実用的な様子見の政治的態度がイラン側から現れています。 その見返りに、タリバンはまた、アフガニスタンのハザラ人や他のシーア派の髪の毛がカールしたり、XNUMX年以前の時代に戻ったりしないことを賭けている。

現在、アフガニスタンとイランは、この地域の反米エリートによって支配されているXNUMXつの国であり、イランのエブラーヒームライシ大統領とイランの最高の宗教指導者、アリハメネイは、現在の撤退に対するアフガニスタンでの米国の責任を精査しました。 しかし、将来に注意しましょう。 イランとイランのエリートの場合、システムの利益が現在のステップと当時の同盟国の選択を決定する高度な実用主義について話すことができます。 今後数か月で何がもたらされるかを見ていきます。


毎日のニュースレターにサインアップしてください!


アイルランドグッドネイバー:イランとアフガニスタンの新しいタリバン指導部


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  





フェースブックでフォローして!